独り占めの破壊力


前回は世界一の金持ちを生み出したレバレッジの威力について説明しました。

そして、アフィリエイトもこのレバレッジを使うことができるビジネスということが
わかったと思います。

スゴイですよね!

 

今回は前回予告したとおり、世界一の金持ちが使った

「もう一つのレバレッジ」

について、お話します!



前回の「複製のレバレッジ」の説明で、
これに「独占」が付加されることによって、
ビル・ゲイツが大金持ちになったことを例にしました。

ここで「独占のレバレッジ」についても整理しておきましょう。

これは、特許や企業秘密により、特定の商品やサービスを市場で独占する事で、
得ることができるレバレッジです。

市場を独占することができれば、ライバルとの熾烈な競争に振り回されること無く
大きな利益を得ることが可能になりますよね。

職業柄、技術系の例になってしまいますが、
シリコンバレーのようなところで多くのベンチャー企業が技術開発に取り組んで
います。

これは独創的な技術やサービスを開発することで、
独占のレバレッジを獲得することを第一目標に活動している
と考えることができるのです。

AppleやGoogleのような巨大企業もそうですが、
最近ではFacebookやTwitterも、独自の技術とサービスで
「独占のレバレッジ」の獲得に成功した、
シリコンバレーを代表する企業の例ですね。

 

ちなみに、企業秘密といえば、コカ・コーラの風味を出すためのレシピを知っているのは、
重役の2人のみという都市伝説のような話を聞いたことはないでしょうか?

「2人」なのは、1人に万が一のことがあった場合でも、
そのレシピが途絶えることがないようにとの考えで、
この2人が同じ飛行機に乗ることは決してないとか・・・

この話が事実かどうかは解りませんが、独占のレバレッジを守るために、
最重要事項は必要最低限の人間しか知らないという興味深い話だと思います。

 

なお、「独占のレバレッジ」を活かしていくために、
次は「雇用のレバレッジ」を使って事業化していくのが王道となっています。

レバレッジと一言でいっても、次から次にあるものですね!

まだまだあるレバレッジの話の続きは、レポートにまとめてみようかと思います(^^)

 

繰り返しになりますが、

『レバレッジ』

これを意識することはマジで人生変えることにつながるので、
頭に入れておいたほうがいいです!

次回は、モチベーションを落とさずに行動を続けていく秘訣について、
お話しようと思いますのでお楽しみに!

 

【あとがき】
先週の金曜日の夜ですが、
おもしろい、というかビックリする経験をしました。

良い感じに酔っぱらって、少し遅い時間の帰路。

地元の駅の改札を出ようとしたときに、私の目の前の女性が、

「ピンポーン!」

となって、改札に引っかかったのです。

たぶん、残高不足か何かだったのでしょう。

金髪で見るからにハデな雰囲気の、おそらく20歳前後の女性が冷静に振り返って、
こちらに向かってきました。

私は少し横によけて待っていたのですが、
異様に長いまつげが付いたその女性となんとなく目があったんです。

一瞬私の脳裏には

「見た目はハデだけど、“すみません”とか言うのかな?」

なんてことがよぎったのですが・・・

その女性が私に向かって言ったコトバ・・・

 

「えー、こういうパターン?↑(語尾あがる)」

 

です(^^;

うーん、今考えても難しい日本語の使い方です(^^;

たぶん、私の顔を見ていたのは、たまたま、というか、
存在すら気にしていなかったのだと思うんですが、
そのコトバの意味がなかなか理解できず、
2.5秒くらいポカーンとしてしまいました・・・

瞬時に、

「そういうパターンですね!」

と返せなかった自分に、年を感じました(笑)




私の戦略をすべてお話します

メルマガ登録

コメントをする





カテゴリー

無料レポート

メルぞう
e-Book 新着ランキング
1位多数獲得!
ご利用ください(^^)
melzou_gmail
melzou_webmaster
melzou_thunderbird
melzou_addon
melzou_addon
melzou_addon
melzou_addon
melzou_proposal
melzou_negotiation
ページトップ