プロのアドバイスだから


前回、必要な情報をどのように得ていったらよいか、

ということを考えてみました。

ネットからの収集だけではなく、書籍やセミナーの活用をオススメしたのですが、
目指すべきゴールによっては、なかなか有益な情報を収集するのは難しいですよね。

特に誰かに相談する場合は注意が必要です。

「プロのアドバイスだから・・・」

と思って鵜呑みにしてしまうと、

自分の目指しているゴールから離れていってしまうことも・・・



誰かに相談したり、アドバイスを求めようとする場合ですが、

自分が目指すゴール

を既に達成している人や、そうでなくても、理解している人、
ゴールに向かって行動を実践している人に、
アドバイスを求めることが、とても重要です!

 

たとえば、「経済的自由」を獲得したいと思っているのに、

お金のプロなんでしょ?

というノリで、ファイナンシャルプランナーに相談したしても、

なんだか期待薄な感じがしませんか?

そのファイナンシャルプランナーが、既に資産構築に成功していて、
仮に毎日の仕事をしなくても、潤沢なキャッシュフローを得ているという場合には
話しは別ですが、

そうでない場合は、おそらく、

・老後には平均的にこれくらいのお金が必要ですよ。

・ウン年後には学費でこれくらいかかりますよ。

・定年までの目標として、これくらい貯めるために、今からコツコツ
やりましょう。

・資産を守るために、資産三分法を使いましょう!
(守る資産はまだないのに・・・)

まぁこのような、アドバイスとなることが想定されますよね(・・)

うっかりアドバイスに従ってしまい、投資信託に資金を注ぎ込んだり、
定期預金に預け入れたりしようものなら「経済的自由」どころか、
定年まで会社勤めすることになりかねません(T T)

(もちろん、ご自身のプランがそれに合致すれば、それでよいのですが。)

 

逆に考えると、まずは、自分の目指すゴールがはっきりと具体化できており、
それを相談相手に確実に伝えるということが、スタート地点といえます。

それから、相談する相手のレベルが違いすぎるのも考え物だと思います。

オリンピックで金メダルを目指そうというような選手は、
世界的に有名な指導者を求めますよね。

フィギュアスケートとか良い例です。

でも、これは教える側と教わる側の双方のレベルがマッチするからこそ有効なのである、
という考えです。

同じように、サラリー以外に収入を得た経験の無い人が、
いきなり年商ウン億円の企業家のセミナーに通うよりも、
同じような環境から副収入1000万円を実現した人の話のほうが、
ずっとタメになるように思います。

なぜかというと、これはカンタンに言ってしまうと、

マインドの違い

があるからです。

 

年間1千万円得る人と、年間1億円得る人とでは、思考がぜんぜん違うものです。

これは理屈ではなく、経験から培われるものだと、実体験して思っています。

具体的な例もいくつかあるのですが、またの機会にお話させて頂きますね(^ ^)

 

世の中には、そのようなマインドもなにも関係なく、
イッキに登りつめていくような人たちが存在するのも確かですが、
それは人の何倍も努力できる、ということも含め、
特別な才能の持ち主であるとか、
後には退けない、背水の陣をひいての挑戦であったとか・・・

いずれにしても、万人にできることではありませんよね。

私のような(そして多くの)フツーの人間にとっては、
一つずつステップを踏んでいくことが、確実に成果を残すための
最良の手段だと思うわけです(^^)

ということで、

相談相手は、

目標とするゴールを達成している人、あるいは、理解できる人

レベルが違いすぎない人

がいいのではないか、というお話をさせて頂きました。

これは意見が分かれるところかもしれませんね?

 

【あとがき】

明日は小規模な不動産投資セミナーで講師を務めてきます(^^)
これから資産構築を目指そうとする方の疑問質問にできるだけお応えできたらと思いますし、
また未来の投資仲間と出会えるのが楽しみです♪

ちなみに無報酬なのですが、セミナー後の懇親会費は出さなくていいそうです(^^)v



私の戦略をすべてお話します

メルマガ登録

コメント2件 “プロのアドバイスだから”

  • 高橋 より:

    初めまして!
    高橋と申します。
    おっしゃっていることすごくよくわかります。
    確かに、あまりレベルが高い人の考え方は
    今の私が到底理解できるはずもありません。
    出来るだけ、届きそうで届かない上のレベルの人
    であれば、理解もできますね。
    とても良いブログですね。
    また来ます。
    ありがとうございました。
    高橋

  • ケンヤ より:

    高橋さん、こんばんは!
    「届きそうで届かない上のレベルの人」
    というアプローチはいいかもしれませんね。
    最初はとにかくハードルは低めで。
    少しずつ、目標とする人とのギャップも大きくとれるように
    なっていくはずですので(^^)
    これからも宜しくお願いします!

コメントをする





カテゴリー

無料レポート

メルぞう
e-Book 新着ランキング
1位多数獲得!
ご利用ください(^^)
melzou_gmail
melzou_webmaster
melzou_thunderbird
melzou_addon
melzou_addon
melzou_addon
melzou_addon
melzou_proposal
melzou_negotiation
ページトップ